家事・子育てとの両立も可能!パート薬剤師の魅力について

薬剤師パート → 働きやすさで人気!パート薬剤師のお仕事とは

働きやすさで人気!パート薬剤師のお仕事とは

近年は、女性だけでなく、男性の薬剤師も増えてきました。ただ、まだまだ女性中心の仕事であることは間違いないでしょう。女性の中には子育てをしながら働いている人もたくさんいるため、家事と子育て、そして仕事が全てしやすいように、パートという形で薬剤師の求人が出ていることも多いです。
パート薬剤師求人の勤務状況について

あまり長時間働くことができない事情がある場合には、パートとして働いてみてはどうでしょうか。現状、薬剤師の数は足りているとは言えない状況です。その大きな理由として、女性中心の仕事であるために結婚や出産の関係で欠員が出やすいからです。

ほとんどの企業ではフルタイムとして働いてほしいと思っているようですが、それではなかなか人が集まらないため、パートの募集に力を入れている会社も増えてきました。

パートというと思うように稼げないのではないかと不安になってしまう人がいるかもしれません。ですが、薬剤師という仕事は基本的に時給が非常に高く、それはパートでも変わらないのです。一般的な仕事のパート勤務に比べれば条件もかなり良い場合が多いので、短時間しか仕事ができない人でも高い収入が期待できます。

一般的な仕事の場合、時給1,000円を超すような仕事を見つけるのもなかなか難しいですよね。しかし、薬剤師の場合は時給2,000円というものもあるので、薬剤師の資格を持っている人は資格を活かして薬剤師として働いてみてはどうでしょうか。

ただ、薬剤師よりも高収入が望める管理薬剤師の場合、パートとしての求人はほとんどないと思ったほうがいいです。なぜかというと、管理薬剤師は常駐していなければならず、パートのような短時間のみという働き方ができないからです。

薬剤師のパートと管理薬剤師の時給を比べた場合、それほど差がない場合も多いですね。というのも、管理薬剤師は時給以外の手当として受け取る報酬が多いため、時給が極端に高いわけではないからです。薬剤師のパートでも高収入が望めるので、まずは自分が希望する条件にあった求人を探してみましょう。

薬剤師の仕事内容と役割

薬剤師の仕事内容は多岐に渡ります。日用品なども販売しているドラッグストアなどでは、薬剤の知識がなくても販売できるようなものの販売も任せられることになるでしょう。

数ある仕事の中でも薬剤師の仕事として代表的なものが、処方箋の受付です。薬剤師は、処方箋に書かれている薬をただ患者さんに渡せばいいというわけではありません。

処方箋に書かれている薬が間違っていないか、飲み合わせや副作用の心配がないかをチェックしたうえで処方します。薬剤師だけの判断で処方する薬を変えることはできませんが、何か疑問な点があれば医師に問い合わせをするというのも大切な仕事です。

次に、服薬指導も代表的な仕事の1つです。処方箋に書かれている薬を処方する際に、各薬の効能や効果についても説明をします。ここで患者さんからの質問を受けることもあるでしょう。

次に、薬暦管理に関する仕事も挙げられます。いくつかの病院にかかっている場合、各病院や診療所で処方されたものが間違っていなかったとしても、同時に服用すると副作用などの心配が出てくるものもありますよね。そういったことがないように管理をするのも薬剤師の仕事です。

それから、保険点数計算も薬剤師が行う仕事の1つとなります。職場によって担当する業務内容が大きく変わる場合もあるので、まずは就職予定の企業ではどのような業務を担当することになるのか事前に確認しておいたほうがいいですね。

個人では直接質問しにくいようなことも、求人情報サイトを活用すれば代行して確認してもらうことができます。給与交渉なども行ってもらうことができるので、薬剤師向けの求人情報サイトは積極的に活用していくといいですね。

人手が足りていない職場では、本来は薬剤師が行わないような雑務も担当しなければならない場合があります。あまり忙しい職場は嫌だという場合は、求人情報サイトにその旨を伝え、自分の希望に合った職場を紹介してもらうことができるようにしましょう。